俳優・女優

高岡奏輔の引退理由はフジテレビ騒動?韓流批判で干されたのはガチ?

2020年8月3日、高岡奏輔(現:高岡蒼佑)さんが自身のSNSで引退を発表されました。

本人は「気力の限界」とのことでしたが、過去に起こしたフジテレビ騒動も関係しているのでは?といった声も。

真相はいかがなものなのでしょうか。

高岡奏輔(現:高岡蒼佑)の引退が話題に

 

この投稿をInstagramで見る

 

誇らしくもあり、険しくもあった、 役者という道から、本日を持って退かせて頂きます。 体力はありますが、気力の限界。 全て出し尽くし、演りきりました。 役者だからいいじゃん、俳優だからいいじゃん。 その言葉を真摯に受け取れず、期待の言葉として頂いていたにも関わらず、自分にとってはプレッシャーでしかありませんでした。 自分を立派だと思った事は、今までたった一度もありませんでした。 誇れる才能も御座いません。 期待に応える事が出来ず、本当に申し訳なく思っています。 今後はどうかそっとしておいてください。 自分をここまで育てて頂き、支えて下さった関係者の皆様、心より御礼申し上げます。 本日を境に、俳優業をやる事は永遠に御座いません。 応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました。 皆様のご多幸を心よりお祈りしております。 関わっていただいた皆様には、格別の感謝を送ります。 21年間、本当にありがとうございました。 高岡蒼佑

@ sosuketakaokaがシェアした投稿 –

高岡奏輔(現:高岡蒼佑)さんのインスタでは、8月2日よりカウントダウンのような数字が記された画像をアップしておりました。

カウント6~2までは、これまでの俳優人生を思い返し、芝居に嫌気をさしたり、関わってきた人たちに感謝の気持ちを述べていました。

そして、残りカウント1で引退を報告する運びとなりました。

男性
男性
いい俳優さん、好きな俳優さんだったのに・・・
女性
女性
高岡蒼佑さんは好きな俳優さんだったから引退は少し寂しい・・・

高岡蒼佑さんといえば、ルーキーズやクローズZEROなど、男気溢れる役どころが多くコアなファンもいたので、残念との声が多く上がっておりました。

なぜ、引退を決意したのでしょうか。

高岡奏輔(現:高岡蒼佑)の引退理由は気力の限界

高岡奏輔(現:高岡蒼佑)さんの役者引退理由ですが、インスタでは、

体力はありますが、気力の限界。 全て出し尽くし、演りきりました。

体力よりも気力の限界と綴っておりました。

華やかな世界と思われがちな役者の世界。やはり、俳優にしか分からない苦労が大きいようですね。

目立ちたいと思って入った世界とは思いますが、この10年間は、

  • 顔なんて知られないでいい
  • そっとしておいて欲しい
  • ひっそりと暮らしたい
  • 注目なんて浴びたくない

かなり気が病んでいるかのような発言をしておりました。

気力がなくなってしまった原因は何だったのでしょうか。この10年間ということは、フジテレビ騒動が関係してくるのかもしれません。

高岡奏輔(現:高岡蒼佑)のフジテレビ騒動で干されたってガチ?

高岡奏輔(現:高岡蒼佑)さんといえば、2011年7月に自身のTwitterで以下のように呟いておりました。

正直、お世話になったことも多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい

現在Twitterは削除されておりますが、フジテレビが韓流ネタばかり流していたことを批判しておりました。

これが、大きな騒動となり、このつぶやきをした5日後には所属していた事務所であるスターダストプロモーションを退所することになります。

これは、干されたと言っても過言ではなさそうですね。

また、この騒動で当時結婚相手だった宮崎あおいさんとも、2011年12月に離婚することとなってしまいました。

高岡蒼佑氏のフジテレビ騒動で、奥さんの宮崎あおいさんにまで影響しかねないとのことで、離婚まで発展してしまったのかもしれません。

インスタで語られていた「この10年間はひっそりと暮らしたいと思っていた」とのことでしたが、この騒動がちょうど9年前なので、気力がなくなったのは、フジテレビ騒動がきっかけになったのではないかと推測されます。

スポンサーリンク

高岡奏輔の引退理由まとめ

高岡奏輔さんの引退理由をまとめました。

誰もが羨むような華やかな俳優の世界。しかし、実際は本人にしか分からない苦労が多いようでしたね。

体力はあるが気力が限界とのことで、辛いことがいっぱいあったのでしょう。その発端となったのが、9年前のフジテレビ騒動がきっかけだったのかもしれません。

正直、インスタの内容を見る限り、遺書のような記載だったので心配になりましたが、これからは俳優業以外でひっそりと暮らしてほしいですね。

https://asiversal.com/takaoka-miyazaki-rikon/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です