話題

宮城県仙台上空の白い飛行物体に仙台市天文台の見解は?不明で片付ける案件ではない

宮城県仙台上空の白い飛行物体が何なのか。

2020年6月17日午前4時頃から浮遊しており、騒動が起きてから早6時間が経過しております。

UFOではなく、観測用気球の類のものであると確認できたものの、未だその正体がつかめずにいるようです。

仙台市天文台の見解はどうだったのでしょうか。

宮城県仙台上空の白い物体に地元メディアは

仙台市南西部の上空で17日朝、風船のような丸い物が浮かんでいるとの目撃例が、相次いで河北新報社に寄せられた。仙台管区気象台は「全くもって不明。宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からない」と困惑した様子で話す。
引用元:河北新報

地元メディアの河北新報によると、仙台管区気象台や地元、自衛隊にも全くもって不明な物体であると報じられております。

女性
女性
こういうのは全く持って不明で片付けてはいけないと思います。これが本当に偵察機であれば、国家安全に関わることですよ
男性
男性
不明の一言で片づけていいものなのか?何らかの実験の可能性もあるが、何処の誰が何をしていたのかははっきりさせるべき

国民からは、全くもって不明で片付ける案件ではないと、不安の声が上げっているようで、早急な調査を求めておりました。

宮城県上空の白い物体について仙台市天文台の見解

仙台市天文台のインスタでも、上空に浮かぶ白い物体を取り上げておりました。

しかし、「気球?」といった、疑問を投げかけており、白い物体の見解は不明としております。

男性
男性
いやいや、正式見解示さんかい!!!

といった、的確なツッコミも入っておりましたが、仙台市天文台も不明としており、誰が打ち上げたのか未だ明らかになっておりません。

宮城県上空の未確認飛行物体の球体を警察が調査

宮城県上空の未確認飛行物体の白い球体について、警察がヘリコプターで調査したようです。

ただ、白い飛行物体の下にプロペラがついていたといった情報しか開示されておらず、未だ詳細は不明であるようです。

2つのプロペラが十字架のようで気味が悪いといった声も上がってきております。

6月17日20時時点ではまだ、解決しておりません。

スポンサーリンク

宮城県仙台上空の白い物体に不安の声

スポンサーリンクド

宮城県仙台上空の白い物体まとめ

宮城県仙台上空に浮かぶ白い物体ですが、2020年6月17日午前4時頃から浮遊しており、観測用気球の類のものであると確認できたものの、未だ誰が打ち上げたものなのか不明であると報じられております。

国民からは不安の声も多く上がっており、「全くもって不明」で片付けるべきではないと不安に駆られているもよう。

早急に調査を求める声が上がっておりました。

朝から福島県や宮城県仙台では、白い物体についてSNS上で話題になっているようでしたので、早急に判明するといいですね。

福島県・宮城県仙台に浮かぶ白い物体は何?UFOではなく観測用気球(ラジオゾンデ)?福島県や宮城県仙台では頭上に浮かぶ白い物体が話題になっております。UFO?なんて勘違いさせるほど、不気味に静止している謎の物体に皆不思議がって写真に収め、SNSにアップさせておりましたが、どうやら未確認飛行物体ではなく、観測用気球(ラジオゾンデ)の類の可能性が高そうです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です