歌手・アイドル

【動画】松岡充のスポーツカー・コルベットの炎上原因は?2000万円が出火で消える

2020年8月22日、SOPHIA松岡充さんの愛車であるスポーツカーのコルベットが炎上しました。

画像を見る限りエンジンルームからの炎上可能性は低そうですが、出火の原因は何だったのでしょうか。

フロントウインドウ付近の可燃物に太陽光が集中することで発火する収れん火災で出火した可能性もありそうです。

【動画】松岡充のスポーツカー・コルベット炎上で心配の声

松岡充さんのスポーツカー・コルベットが炎上動画になります。

22日午前10時半ごろ、世田谷区の千歳船橋駅近くの路上で「SOPHIA」のボーカル、松岡充さん(49)が運転するスポーツカーの「コルベット」から火が出て、火はおよそ40分後に消し止められました。松岡さんにけがはありませんでした。
引用元:TBS NEWS

運転中に焦げた匂いに気づいて、下りた直後に車が炎上したとのことで、松岡さんに怪我はありませんでした。

世間からは、大切に乗っていたコルベットが炎上したのは残念だけど無事で良かったと、一安心する声が見受けられました。

1968年式の車ということで、日々メンテナンスをしていたでしょうから当分ショックを引きづりそうですね。

旧車ということもあると思いますが、なぜ走行中に出火してしまったのでしょうか。

松岡充のスポーツカー・コルベット炎上原因はなぜ

松岡充さんのスポーツカー・コルベットが走行中に出火してしまいましたが、我々も気をつけなければなりません。

ということで、なぜ車が走行中に出火してしまうのか、原因を把握しておく必要がありそうですね。

エンジンルームからの炎上

車が走行中に炎上するのは、エンジンルームからの炎上が多いようです。

エンジンルーム整備後に、布の置忘れや枯れ葉で出火することがあるようです。

ただ、松岡さんの出火したコルベットの画像を見る限り、

運転席からトランクに向かって炎上していたことが分かるため、エンジンルームからの出火には見えませんね。

フロントウインドウによる収れん火災

凸レンズ状の透明な物体、あるいは凹面鏡状の反射物によって引き起こす収れん火災。

フロントウインドウが凸レンズの作用により、フロントウインドウ付近の可燃物に太陽光が集中することで発火する可能性もあるようです。

可燃物の一例は以下の通り。

  • 車内のアクセサリー取付用吸盤
  • 水晶玉
  • 水が入ったペットボトル
  • ステンレス容器のふた(凹面鏡状になっているもの)
  • ライター

いずれも車に置いている可能性があるモノです。

水が入ったペットボトルでも収れん火災が発生するということで、気をつけなければなりません。

松岡充さんのコルベットは、車の不具合で出火したとみて調査中とのことですが、エンジンルームからの炎上はなさそうです。

となるとフロントウインドウ付近の可燃物に太陽光が集中し、収れん火災が発生した可能性もありますね。

松岡充のスポーツカー・コルベットの車種や値段

松岡充さんのスポーツカー・コルベットの車種ですが、1968年式のシボレーコルベットC3型になります。

2020年現在、中古でも600万円もする人気車種のようです。

松岡充さんの場合は、カスタムもしておりその改造費は約2,000万円以上とのこと。

15年間乗り続けた愛車だけに、炎上は悲しいでしょうね。

スポンサーリンク

松岡充のスポーツカー・コルベットの炎上原因まとめ

松岡充さんのスポーツカー・コルベットが出火しました。

出火の原因は、現在調査中とのことでしたので、早く明らかになってほしいですね。

値段2,000万円以上かけて大切にしていたこだわりの車が炎上してしまいましたが、値段よりも、15年間愛し続けたコークボトルラインがカッコいいコルベットが潰れてしまったことがショックでしょうね。

ただ、動画で見ると尋常じゃない出火でしたので、松岡充さん自身に怪我がなくてよかったですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です