話題

KAGAYA|関東上空の火球をなぜタイミングよく撮影できたの?予測してなきゃあり得ない

2020年7月1日深夜に襲った関東上空の爆発音でしたが、火球である可能性が高いようですね。

星空アーティストのKAGAYAさんが、その時の映像を綺麗に収めております。

ここで疑問として上がっていたのが、なぜ深夜に数秒間の出来事だった火球を動画を撮影することに成功したのか?予測していなきゃ無理!といった素朴な疑問が。

ということで、KAGAYAさんは、なんで深夜にもかかわらず、またあの一瞬の出来事を映像化できたのかまとめました。

KAGAYA|関東上空の火球の映像美が話題に

KAGAYAさんが関東上空の火球の始まりから終わりまでをベランダからの撮影に成功しております。

これに世間からは、

男性
男性
KAGAYAさん自作自演で隕石落としたんちゃうかってくらい綺麗に収めてて草
男性
男性
映像美もさることながら「KAGAYAさん何もないときもずっとベランダの星空撮影しとんのか…」という驚きがデカい
女性
女性
火球撮影してる人すごくない?突然の数秒なのになんで撮影できるの?たまたま夜空にカメラ向けてたの?

ずっと上空を撮影していなければ収めることのできない映像美に驚きの声が上がっております。

KAGAYAはなぜタイミングよく撮影できたのか

なんで、わずか数秒間しか現れなかった火球をタイミングよく撮影できたのでしょうか。

KAGAYAさんは、星空アーティストということで天体のプロです。

天体写真家は常時、上空の様子を全天撮影しております。

したがって、毎日天体を撮影しているので、綺麗な映像をおさめることに成功したようですね。

たまたま上空を撮影していたわけでも、火球が来ることを予言していたわけでもありませんでした。

流石に、24時間天体とにらめっこして撮影しているわけはないですよね。

KAGAYAのプロフィール

名前KAGAYA
本名:加賀谷穣(かがや ゆたか)
職業プラネタリウム映像クリエイター
CG作家
星景写真家
生年月日1968年4月5日
出身地埼玉県
出身校埼玉県立浦和高等学校卒業
東京デザイナー学院グラフィックデザイン科

スポンサーリンク

なんで火球を撮影できたのかまとめ

KAGAYAさんのあまりにもタイミングバッチリな火球の撮影の成功に、疑問の声が多数上がっておりました。

たまたま上空を撮影していたわけでも、火球が流れることを予測していたわけでもありません。

KAGAYAさんは、天体写真家ということで、毎日全天撮影しているため、綺麗な映像を提供できたわけですね。

【音動画】東京や神奈川付近でまたも爆発音?雷ではなく火球の破裂か【7月2日】2020年7月2日、関東上空で爆発音がなったとのこと。6月28日の埼玉を襲った爆発音に続き、直近で2度目の爆発音情報。7月2日の爆音は雷の可能性が高かったのですが、今回の東京や神奈川付近で聞こえた爆発音は何だったのか。どうやら火球の破裂音の可能性が高いようでした。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です