映画・ドラマ

半沢直樹が面白くないし女性差別と炎上!一部フェミからはキモいと過激発言も

ドラマ「半沢直樹」の続編が放送されましたね。楽しみにしていた方も多かったでしょう。

第一話も無事に放送され面白い!といった声が上がる中、一部フェミニストからは女性差別といった声も上がっており、今の時代に合っていないと炎上していたようです。

半沢直樹を見てどんな感想を持っていたのでしょうか。

一部フェミから半沢直樹が女性差別で面白くない炎上

半沢直樹といえば、銀行内での不正を明らかにしたドロドロとした内容を、爽快に倍返ししていくのが見どころで、大きな反響を呼んでおります。

男性
男性
半沢直樹の第一話をやっと見れた!やっぱ面白い!2話もしっかりと録画しておきます
男性
男性
やっぱ面白いね!SNSで何から何まで話題になっちゃうし

視聴率も22%と高く、評判も上々なスタートでした。

しかし、一部では2020年にもなって、未だにこんなドラマを作っているのは情けない・・・女性差別だ!といったフェミニストの方から炎上していたようです。

半沢直樹はなぜ女性差別と炎上したのか

視聴率も評価も好評だったドラマ「半沢直樹」ですが、なぜ女性差別と炎上してしまったのでしょうか。

女性の立場が問題だったようで、一番多かったのが、

未だに女性の立場が献身的に男性を支えているのが古臭い

といったもので、この意見に賛同する女性の方が多かったのですが、

男性
男性
上戸彩はいい女優なのに勿体ない
男性
男性
男の妄想お色気押し付けキモすぎ

作品や作った人たちのことを否定するかのような過激な意見も飛び出していたのはいかがなものかとは思いました。

私自身は何も違和感なく見られたので、古臭い考えなのだと反省しなければならないと思う反面、

汚いオッサンばかり出てくるから半沢直樹は面白いんです。

半沢直樹はオッサン同士のいざこざが面白いというのがしっくりきましたし、性的差別の感覚など一切感じませんでした。

中には、やり手の女性社員を入れた方が面白くなる!といったプロの脚本家にケチをつけるような発言まで。

フェミニストの活動は素晴らしいとは思いますが、ドラマや俳優、作家を批判するのは違うのかなと感じました。

こういった一部の過激発言のお陰で、

男性
男性
これだからフェミは・・・

といったフェミニスト全体が非難されてしまうつぶやきも見られたので、それはそれで悲しいですしね。

半沢直樹はバブル入行組のストーリー

半沢直樹の炎上で多かった、

2020年に放送する新作なのに、敢えて合っていない設定をしているのでは?

といったもの。

確かに、2020年に新作としてお届けしているものの、

バブル期に東京中央銀行に入行したバンカー・半沢直樹が、銀行の内外に現れる「敵」と戦い、組織と格闘していく様子を中心に描いていきます。
引用元:TBS

日本経済が熱狂していたバブル入行組時代の物語です。

2020年に作成されたものであろうが、2030年に新作となったものであろうが、当時の時代背景にあった物語を展開しているので、そこを批判するのはおかしいのかなと感じました。

作者自身も「現代の時代劇」として見てほしいとのことでしたので、そのことを念頭に入れて見てみると、違和感なく楽しめるのではないでしょうかね。

スポンサーリンク

半沢直樹が面白くないし女性差別と炎上まとめ

ドラマ「半沢直樹」が好調なスタートを切ったものの、2020年現在の時代にそぐわない古臭い女性像のあり方と一部で炎上していたようです。

女性像が古臭いと感じてSNSで批判するのはいいと思いますし、これに対して「だったら見るな」と反論するのも違うと思います。

ただ、面白くないやキモいといった過激な発言は、単純に見ていて悲しくなってしまいました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です